ごあいさつ

本園は昭和34年11月に開設されました。現在までに、卒園生は約3,800余名を数え全国各地そして海外も含め、それぞれの分野で活躍しております。

創立以来の園訓であります「明るく、正しく、たくましく」をモットーに、本園の特徴である運動と遊びを通してのたくましい人間の形成を目指しております。

また、平成27年4月より幼保連携型認定こども園になり、0歳児から5歳児までの一貫した保育を提供する施設として新たにスタートし、今日に至ります。園児一人一人に確かな目を配り、小規模ならではのアットホームな雰囲気を大切に、教職員一同保育にあたっております。

当園に入園をご検討されている皆様、ホームページをご覧になって少しでもご興味をお持ちになりましたら、お問い合わせの上いつでも見学にいらしてください。また、当園を巣立ったみなみっこ達が、大きく立派になった姿を見せにきてくれることをいつも楽しみにしております。

平成30年春

認定こども園
学校法人山崎学園
幼保連携型認定こども園
能代南幼稚園 南ベビー保育園
園長 山崎恵理子

園の紹介

能代南幼稚園は昭和34年11月に清新の気満ち溢れた幼稚園として創立されました。
初代園長山崎久男氏は幼児教育に大変な熱意と偉大なる理想のもとに経営にあたり、十周年を迎えるにあたって、姉妹園の能代双葉幼稚園を設立されました。

当園は能代駅より徒歩7分、能代市の中心地に位置し広い園庭と健康的な環境に恵まれています。

園舎は全部南向きで日当たりもよく、又、災害に備えて各々の教室には非常口がついており、年12回の避難訓練実施など安全面には万全の注意をはらっています。
そのため昭和58年の大地震の際もとまどうことなく全園児がスムーズに避難することができました。

また、各教室は園入口側から続いているため、ご家族の方々はいつでもお子さんやお孫さんの元気な姿をご覧いただけます。

又、恵まれた広い園庭には充実した遊具、教具を備え、自然の中で大いに自分の能力を発揮し、楽しい場として園児たちの人気を集めています。

子どもは環境の中で大きく育ちます。良い環境の下で元気いっぱい遊んで欲しい園生活なのです。
当幼稚園は総合的な活動はもとより、特色として体育遊びを中心に楽しい活動を用意し、心情豊かで健康な体とたくましい精神力を養い、そして知的な能力の助長を図り、すべてに意欲的に取り組んでいける子どもに育てていきたいと努力を重ねております。

教育方針

安心・安全な環境のもと、温かな触れ合いを通して、発達段階に応じた教育・保育を行い、思いやりのある優しい子ども、元気でたくましい子どもをはぐくみます。

教育目標

心身ともに健康でたくましい子どもの育成

~生活や遊びを通して豊かでたくましい心と身体を養う~

園訓

  • 明るく!
  • 正しく!
  • たくましく!

明るく

  • 心豊かで明るい子ども
  • 思いやりをもって友だちとかかわる子ども

正しく

  • 自分で考えて行動する子ども
  • 決まりを守って友だちと遊べる子ども

たくましく

  • ねばり強く頑張る子ども
  • すすんで体を動かす元気な子ども

経営方針

  1. 園内の子どもの自然な触れ合いを大切にし、優しさや、思いやりを持った子どもに育つよう、保育者・職員全員が園の子どもに目をくばり、気をくばっていきます。
  2. 子どもたちが主体的に何事も粘り強く頑張ろうとする力を育てます。
  3. 子どもたちが、自ら進んで遊びに取り組めるような環境を大切にした保育を行っていきます。
  4. 幼児期に道徳性を育み、善悪を判断する力を培えるよう、さらには健康や安全教育に力を入れていきます。
  5. 時代の変化や子どもの実態に柔軟に対応できるよう、日々の研修に努めていきます。
  6. 親子が共に成長していけるように、子育てを支え、家庭や地域とのかかわりを大切にしていきます。

能代南幼稚園の沿革

平成29年4月
山崎恵理子氏が五代目園長に就任。
平成27年4月
子ども子育て支援新制度開始。
幼保連携型認定こども園となる。
平成26年4月
幼稚園型認定こども園となる。
平成23年4月
南ベビー保育園開設。
平成21年11月
創立50周年記念式典並びに祝賀会を行う。
平成21年4月
山崎久正氏が四代目園長に就任。
平成20年5月
未就園児の親子のつどい『アンパンマンクラブ』開設。
平成17年10月
堀松明石氏が三代目園長に就任。
平成8年3月
姉妹園であった能代双葉幼稚園が本園と統合される。
昭和59年5月
学校法人山崎学園能代南幼稚園となる。
昭和44年6月
山崎カツ氏が二代目園長に就任。
昭和34年11月
南幼稚園として創立される。
山崎久男氏が初代園長に就任。

↑ページの先頭へ